ICML 2019に論文が採択されました

機械学習のトップカンファレンスであるInternational Conference on Machine Learning (ICML 2019)に下記の論文が採択されました.この論文では,ニューラルネットワークの構造と重みパラメータを同時最適化する手法 [Shirakawa et al. 2018] を発展させ,高速・ロバスト・柔軟なニューラルネットワークの構造探索手法を提案しています.

Youhei Akimoto, Shinichi Shirakawa, Nozomu Yoshinari, Kento Uchida, Shota Saito, and Kouhei Nishida: Adaptive Stochastic Natural Gradient Method for One-Shot Neural Architecture Search, Proceedings of the 36th International Conference on Machine Learning (ICML), Vol. 97 of PMLR, pp. 171-180 (2019) [PMLR] [arXiv] [code]