ニューラルネットワークの構造最適化に関する論文がICANN 2019に採択されました

国際会議28th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 2019)に下記の論文がOral Presentationとして採択されました.この論文は,確率モデルベース最適化法を応用したニューラルネットワークの動的構造最適化手法 [Shirakawa et al. 2018]において,構造の複雑さに対する正則化項を導入することで,得られるアーキテクチャの複雑さをコントロールする方法を提案しています.

Shota Saito and Shinichi Shirakawa: Controlling Model Complexity in Probabilistic Model-Based Dynamic Optimization of Neural Network Structures, 28th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 2019) (Accepted as oral presentation) [arXiv]