研究業績

Last Update: July 18, 2017

学術論文

  1. 長谷川大,小林裕,白川真一,佐久田博司,安彦智史,安達栄治郎,中山栄純:アバタ媒介型見守りシステムの開発,知能と情報 (日本知能情報ファジイ学会誌), Vol. 28, No. 6, pp. 974-985 (2016) [DOI]
  2. 菅沼雅徳,土屋大樹,白川真一,長尾智晴:遺伝的プログラミングを用いた階層的な特徴構築による画像分類,情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用 (TOM), Vol. 9, No. 3, pp. 44-53 (2016) [link]
  3. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Bag of local landscape features for fitness landscape analysis, Soft Computing, Springer, Vol. 20, Issue 10, pp. 3787-3802 (2016) [DOI] [ReadCube]
  4. 塙俊樹,白川真一,長谷川大,塩入直哉,大原剛三,佐久田博司:条件付き確率場を用いた発話テキストに対するジェスチャの推定,電気学会論文誌C,Vol. 136,No. 3, pp. 308-317 (2016) [DOI]
  5. Shinichi Shirakawa: Multiple Binary Codes for Fast Approximate Similarity Search, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E98-D, No. 3, pp. 671-680 (2015) [DOI] [IEICE site]
  6. 中山惠太,白川真一,矢田 紀子,長尾智晴:既存の絵画画像を用いた絵画風画像の進化的生成,進化計算学会論文誌,Vol. 3,No. 2, pp. 12-21 (2012) [DOI]
  7. 中山史朗,白川真一,矢田紀子,長尾智晴:弱識別器にGenetic Image Networkを用いたアンサンブル画像分類法,電気学会論文誌C,Vol. 131,No. 5, pp. 958-965 (2011) [DOI]
  8. 白川真一,矢田紀子,長尾智晴:遺伝的プログラミングによる実数値GAの性能差を強調する探索空間の生成,進化計算学会論文誌,Vol. 1,No. 1, pp. 54-64 (2010) [DOI]
  9. 白川真一,中山史朗,矢田紀子,長尾智晴:Genetic Image Networkに基づく画像分類アルゴリズムの自動構築,人工知能学会論文誌,Vol. 25,No. 2, pp. 262-271 (2010) [DOI]
  10. 白川真一,長尾智晴:プログラムサイズを考慮した進化アルゴリズムによるグラフ構造状プログラムの自動生成,電気学会論文誌C,Vol. 130,No. 1,pp. 57-65 (2010) [DOI]
  11. 田澤和子,白川真一,長尾智晴:FCNによる自律エージェントの行動制御と行動解析 ~タルタロス問題への応用~,知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌),Vol. 20,No. 5,pp. 800-809 (2008) [DOI]
  12. Shinichi Shirakawa, Shintaro Ogino, and Tomoharu Nagao: Dynamic Ant Programming for Automatic Construction of Programs, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering (TEEE), Vol. 3, Issue 5, pp. 540-548 (2008) [DOI]
  13. 白川真一,長尾智晴:Graph Structured Program Evolutionによるプログラムの自動生成,電気学会論文誌C,Vol. 128,No. 3,pp. 370-380 (2008) [DOI]
  14. 白川真一,荻野慎太郎,長尾智晴:Genetic Image Network による画像変換の自動構築,情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用 (TOM 19),Vol. 48,No. SIG 19,pp. 117-126 (2007) [link]
  15. 白川真一,長尾智晴:RFCNによる連続値空間上での自律エージェントの行動制御,電気学会論文誌C,Vol. 127,No. 5,pp. 762-769 (2007) [DOI] [Translated version]

国際会議論文

  1. Masanori Suganuma, Shinichi Shirakawa, and Tomoharu Nagao: A Genetic Programming Approach to Designing Convolutional Neural Network Architectures, Genetic and Evolutionary Computation Conference 2017 (GECCO 2017), pp. 497-504, Berlin, Germany, 15-19 July (2017) [DOI] [arXiv] [code]
  2. Masanori Suganuma, Daiki Tsuchiya, Shinichi Shirakawa, and Tomoharu Nagao: Hierarchical Feature Construction for Image Classification Using Genetic Programming, Proceedings of the 2016 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2016), pp. 1423-1428, Budapest, Hungary, 9-12 October (2016) [DOI] [paper]
  3. Shinichi Shirakawa: Impact of Invariant Objective for Order Preserving Transformation in Bayesian Optimization, Proceedings of the 2016 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC 2016) (2016 IEEE World Congress on Computational Intelligence (WCCI 2016)), pp. 1432-1437, Vancouver, Canada, 24-29 July (2016) [DOI] [paper]
  4. Dai Hasegawa, Shinichi Shirakawa, Naoya Shioiri, Toshiki Hanawa, Hiroshi Sakuta, and Kouzou Ohara: The Effect of Metaphoric Gestures on Schematic Understanding of Instruction Performed by a Pedagogical Conversational Agent, Proceedings of the 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2015), Vol. 9192 of LNCS, pp. 361-371, Los Angeles, CA, USA, 2-7 August (2015) [DOI]
  5. Yu Kobayashi, Dai Hasegawa, Shinichi Shirakawa, Hiroshi Sakuta, and Eijun Nakayama: Development of Web-based Platform for Privacy Protective Avatar Mediated Distance-Care, Proceedings of the 5th EAI International Symposium on Pervasive Computing Paradigms for Mental Health (MindCare 2015), Vol. 604 of the series Communications in Computer and Information Science, pp. 131-139, Milan, Italy, 24-25 July (2015) [DOI]
  6. Shinichi Shirakawa, Youhei Akimoto, Kazuki Ouchi, and Kouzou Ohara: Sample Reuse in the Covariance Matrix Adaptation Evolution Strategy Based on Importance Sampling, Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference 2015 (GECCO 2015), pp. 305-312, Madrid, Spain, 11-15 July (2015) [DOI] [paper]
  7. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Local Landscape Patterns for Fitness Landscape Analysis, Proceedings of the 10th International Conference on Simulated Evolution and Learning (SEAL 2014), Vol. 8886 of LNCS, pp. 467-478, Dunedin, New Zealand, 15-18 December (2014) [DOI] [paper]
  8. Youhei Akimoto and Shinichi Shirakawa: Natural Gradient Approach for Linearly Constrained Continuous Optimization, Proceedings of the 13th International Conference on Parallel Problem Solving from Nature (PPSN XIII), Vol. 8672 of LNCS, pp. 252-261, Ljubljana, Slovenia, 13-17 September (2014) [DOI]
  9. Shinichi Shirakawa: Fast Similarity Search Using Multiple Binary Codes, Proceedings of the 22nd International Conference on Pattern Recognition (ICPR), pp. 3714-3719, Stockholm, Sweden, 24-28 August (2014) [DOI]
  10. Yasuaki Horima, Shinichi Shirakawa, Noriko Yata, and Tomoharu Nagao: Construction of Players’ Action for Robocup Soccer Using Graph Structured Program Evolution, SICE 2010 Annual Conference, pp. 690-695, Taipei, Taiwan, 18-21 August (2010) [IEEE Xplore] [paper]
  11. Yuta Nakano, Shinichi Shirakawa, Noriko Yata, and Tomoharu Nagao: Automatic Construction of Image Transformation Algorithms Using Feature Based Genetic Image Network, Proceedings of the 2010 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC 2010) (2010 IEEE World Congress on Computational Intelligence (WCCI 2010)), pp. 1232-1239, Barcelona, Spain, 18-23, July (2010) [DOI] [paper]
  12. Shinichi Shirakawa, Noriko Yata, and Tomoharu Nagao: Evolving Search Spaces to Emphasize the Performance Difference of Real-Coded Crossovers Using Genetic Programming, Proceedings of the 2010 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC 2010) (2010 IEEE World Congress on Computational Intelligence (WCCI 2010)), pp. 2444-2451, Barcelona, Spain, 18-23, July (2010) [DOI] [paper]
  13. Shiro Nakayama, Shinichi Shirakawa, Noriko Yata, and Tomoharu Nagao: Ensemble Image Classification Method Based on Genetic Image Network, Genetic Programming: Proceedings of the 13th European Conference on Genetic Programming (EuroGP 2010), Vol. 6021 of LNCS, pp. 313-324, Istanbul, Turkey, 7-9 April (2010) [DOI] [paper]
  14. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Graph Structured Program Evolution with Automatically Defined Nodes, Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference 2009 (GECCO 2009), pp. 1107-1114, Montreal, Canada, 8-12 July (2009) [DOI] [paper]
  15. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Evolutionary Image Segmentation Based on Multiobjective Clustering, Proceedings of the 2009 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC 2009), pp. 2466-2473, Trondheim, Norway, 18-21 May (2009) [DOI] [paper]
  16. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Evolution of Search Algorithms Using Graph Structured Program Evolution, Genetic Programming: Proceedings of the 12th European Conference on Genetic Programming (EuroGP 2009), Vol. 5481 of LNCS, pp. 109-120, Tübingen, Germany, 15-17 April (2009) [DOI] [paper]
  17. Shinichi Shirakawa, Shiro Nakayama, and Tomoharu Nagao: Genetic Image Network for Image Classification, Applications of Evolutionary Computing: 11th European Workshop on Evolutionary Computation in Image Analysis and Signal Processing (EvoIASP 2009), Vol. 5484 of LNCS, pp. 395-404, Tübingen, Germany, 15-17 April (2009) [DOI] [paper]
  18. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Evolutionary Algorithm Considering Program Size: Efficient Program Evolution using GRAPE, Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference 2008 (GECCO 2008), Late-Breaking Papers, pp. 2217-2222, Atlanta, GA, USA, 12-16 July (2008) [DOI] [paper]
  19. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Feed Forward Genetic Image Network: Toward Efficient Automatic Construction of Image Processing Algorithm, Advances in Visual Computing: Proceedings of the 3rd International Symposium on Visual Computing (ISVC 2007) Part II, Vol. 4842 of LNCS, pp. 287-297, Lake Tahoe, Nevada, USA, 26-28 November (2007) [DOI] [paper]
  20. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Evolution of Sorting Algorithm using Graph Structured Program Evolution, Proceedings of the 2007 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2007), pp. 1256-1261, Montreal, Canada, 7-10 October (2007) [DOI] [paper]
  21. Shinichi Shirakawa, Shintaro Ogino, and Tomoharu Nagao: Graph Structured Program Evolution, Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference 2007 (GECCO 2007), Vol. 2, pp. 1686-1693, London, England, 7-11 July (2007) [DOI] [paper]
  22. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Genetic Image Network (GIN): Automatically construction of image processing algorithm, Proceedings of the International Workshop on Advanced Image Technology 2007 (IWAIT 2007), P3-34, pp. 643-648, Bangkok, Thailand, 8-9 January (2007) [paper]

国内発表

  1. 斉藤翔汰,白川真一:適応的ノイズ分布を導入したDeep Neural Networkのための学習法,計測自動制御学会第56回システム工学部会研究会,pp. 26-32 (2017)
  2. 岩田康志 白川真一:Information Geometric Optimizationに基づくDeep Learningの動的モデル学習,計測自動制御学会第56回システム工学部会研究会,pp. 33-38 (2017)
  3. 長谷川大,小林裕,白川真一,佐久田博司,安彦智史,中山栄純:アバタ媒介型見守りシステムの提案と通信性能評価,ヒューマンインタフェースシンポジウム2016,D-05, pp. 741-744 (2016)
  4. 菅沼雅徳,土屋大樹,白川真一,長尾智晴:遺伝的プログラミングを用いた階層的な特徴構築による画像分類,情報処理学会研究報告 第108回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Vol. 2016-MPS-108, No. 4, pp. 1-6 (2016)
  5. 大野淳也,白川真一,大原剛三,豊田哲也:Deep Learningによる主観的輪郭線の抽出,人工知能学会第108回知識ベースシステム研究会,pp. 12-17 (2016)
  6. 大多和達,豊田哲也,白川真一,大原剛三:多様な観点に基づく書籍検索結果可視化システム,電子情報通信学会総合大会ISS特別企画学生ポスターセッション,ISS-SP-237 (2016)
  7. 大内一季,白川真一,大原剛三,豊田哲也:重点サンプリングを用いた並列探索型Information Geometric Optimizationの提案,第10回進化計算学会研究会,P1-6, pp. 28-35 (2016)
  8. 白川真一,鈴木創,大原剛三:切断正規分布に基づく非負値行列分解,第18回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS 2015),D-68 (2015)
  9. 白川真一:Bayesian Optimizationにおける目的関数の単調増加変換に対する不変性の実現と効果,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015(SSI 2015),SS19-12, pp. 1260-1263 (2015)
  10. 井田有香,白川真一,大原剛三,豊田哲也:小袖屏風画像を利用した模様画像の合成,第14回情報科学技術フォーラム(FIT 2015),I-002 (2015)
  11. 白川真一,高木亮輔,大原剛三:切断正規分布に基づく行列分解を用いた推薦システム,平成27年電気学会電子・情報・システム部門大会,TC12-4, pp. 327-332 (2015)
  12. 大原剛三,小田切亮祐,白川真一:トピックを考慮した情報拡散現象のモデル化について,人工知能学会第105回知識ベースシステム研究会資料,SIG-KBS-B5, pp. 13-17 (2015)
  13. 澁谷海渡,白川真一,大原剛三,豊田哲也:部分構造を考慮した数式理解支援システムの提案,人工知能学会第105回知識ベースシステム研究会資料,SIG-KBS-B5, pp. 1-6 (2015)
  14. 塙俊樹,塩入直哉,白川真一,長谷川大,大原剛三,佐久田博司:条件付き確率場を用いた発話テキストに対するジェスチャの自動生成,電気学会システム研究会,ST-15-009, pp. 43-48 (2015)
  15. 大内一季,白川真一,秋本洋平,大原剛三:サンプルを再利用するCMA-ESに関する検討,進化計算シンポジウム2014,pp. 84-91 (2014)
  16. 大内一季,白川真一,秋本洋平,大原剛三:Information Geometric Optimizationにおけるサンプルの再利用,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014(SSI 2014),SS11-3, pp. 752-757 (2014)
  17. 白川真一,井田有香,杉山美乃,大原剛三:小袖屏風画像を用いたテクスチャ合成に関する検討,平成26年電気学会電子・情報・システム部門大会,OS12-3, pp. 1157-1160 (2014)
  18. 志村海,白川真一,大原剛三:リンク予測における時間減衰の効果について,人工知能学会第102回知識ベースシステム研究会資料,SIG-KBS-B401, pp. 19-25 (2014)
  19. 大野淳也,白川真一,大原剛三:ニューラルネットワークを用いた主観的輪郭線知覚モデルの学習,人工知能学会第102回知識ベースシステム研究会資料,SIG-KBS-B401, pp. 1-7 (2014)
  20. 塩入直哉,塙俊樹,長谷川大,白川真一,佐久田博司,大原剛:擬人化エージェントの暗喩的ジェスチャ自動生成および教育教材への応用,信学技報,vol. 114, no. 82, ET2014-17, pp. 51-56 (2014)
  21. 長谷川大,白川真一,佐久田博司,安達栄治郎:プライバシ・プロテクティブなアバタ媒介型監視,第17回人間情報学会講演会ポスターセッション予稿集,p. 12 (2014)
  22. 水澤千尋,白川真一,大原剛三:ニュース記事に対するツイートの可視化システムの提案,電子情報通信学会総合大会ISS特別企画学生ポスターセッション,ISS-P-228 (2014)
  23. 前田優,白川真一,大原剛三: 推薦システムのための潜在的嗜好推定方法について,電子情報通信学会総合大会ISS特別企画学生ポスターセッション,ISS-P-229 (2014)
  24. 塩入直哉,塙俊樹,長谷川大,白川真一,佐久田博司,大原剛三:講義映像における暗喩的ジェスチャーと品詞及び統語的情報の関連性,情報処理学会第76回全国大会,5P-10 (2014)
  25. Youhei Akimoto and Shinichi Shirakawa: Natural Gradient Approach for Constrained Continuous Optimization, 進化計算シンポジウム2013,pp. 255-262 (2013)
  26. 白川真一:複数のバイナリコードを利用した高速な類似探索法の検討,電気学会システム研究会,ST-13-119, pp. 19-24 (2013)
  27. 白川真一,長尾智晴:局所的な適応度パターンを利用した適応度景観解析に関する一考察,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2013(SSI 2013),O3-1 (SS11-5), pp. 338-342 (2013)
  28. 中村史,白川真一,大原剛三:Natural Evolution Strategiesを用いたバイナリハッシュ関数の学習とその類似画像検索への応用,人工知能学会第100回知識ベースシステム研究会資料,SIG-KBS-B302, pp. 1-6 (2013)
  29. 白川真一,長尾智晴:局所的な景観に着目した探索空間の特徴量について,第5回進化計算研究会資料集,P2-5, pp. 94-99 (2013)
  30. 前田優,白川真一,大原剛三:推薦システムにおける意外性向上のための潜在的嗜好の抽出,第12回情報科学技術フォーラム(FIT 2013),F-015 (2013)
  31. 佐藤優駿,藤本悠,白川真一,大原剛三:γ-divergenceを利用したサクラ攻撃に頑健な推薦システムの提案,電子情報通信学会総合大会ISS特別企画学生ポスターセッション,ISS-SP-394 (2013)
  32. 加藤雄大,大原剛三,白川真一:Ripple Down Rules法を用いたハイブリッド型推薦システムの開発,第40回知能システムシンポジウム,pp. 335-338 (2013)
  33. 塙俊樹,白川真一,大原剛三:対話型GAに基づく作曲支援のためのユーザインタフェース構築,第40回知能システムシンポジウム,pp. 351-356 (2013)
  34. 白川真一:高速な類似探索のためのバイナリハッシュ関数の学習に関するサーベイ,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2012(SSI 2012)講演論文集,1B2-2, pp. 62-66 (2012)
  35. 森田雄介,藤本悠,大原剛三,白川真一:タグクラウドによる評判情報の可視化,人工知能学会第97回知識ベースシステム研究会資料,SIG-KBS-B202, pp. 1-6 (2012)
  36. 白川真一:複数の探索分布と自然勾配を利用した探索アルゴリズムの検討,第3回進化計算研究会資料集,P2-5, pp. 107-112 (2012)
  37. 白川真一,此島真喜子,新崎卓:100万人規模のデータから個人を特定する生体認証システムの開発,電気学会システム研究会,ST-11-023, pp. 43-44 (2011)
  38. 中山惠太,白川真一,矢田紀子,長尾智晴:既存の絵画画像を用いたEvolutionary Artの改良 ~描画操作の拡張,改良による検討~,人工知能学会第4回進化計算フロンティア研究会(SIG-ECF)資料集,p2-1, pp. 67-72 (2010)
  39. 白川真一,矢田紀子,長尾智晴:遺伝的プログラミングによる世代交代モデルの差異を利用した探索空間の生成,第37回知能システムシンポジウム,pp. 155-160 (2010)
  40. 中山惠太,白川真一,矢田紀子,長尾智晴:既存の画像を用いたEvolutionary Artの創作手法の提案,第37回知能システムシンポジウム,pp. 145-150 (2010)
  41. 中山惠太,白川真一,矢田紀子,長尾智晴:既存の絵画画像を用いたEvolutionary Artによるアート画像の自動創作,電子情報通信学会総合大会,D-11-82 (2010)
  42. 堀間康章,白川真一,矢田紀子,長尾智晴:グラフ構造のプログラム自動生成手法を用いたサッカーエージェントの行動最適化,電子情報通信学会総合大会ISS特別企画学生ポスターセッション,ISS-P-230 (2010)
  43. 白川真一,矢田紀子,長尾智晴:遺伝的プログラミングにおける関数セットの選択に関する一考察,人工知能学会第3回進化計算フロンティア研究会(SIG-ECF)資料集,p-6, pp. 53-58 (2010)
  44. 中山史朗,白川真一,矢田紀子,長尾智晴:弱識別器にGenetic Image Networkを用いたアンサンブル画像分類法,情報処理学会研究報告 第77回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Vol. 2010-MPS-77, No. 2, pp. 1-6 (2010)
  45. 白川真一,矢田紀子,長尾智晴:遺伝的プログラミングによる実数値交叉の性能差を強調する探索空間の生成,進化計算シンポジウム2009 講演論文集,pp. 55-62 (2009)
  46. 白川真一,矢田紀子,長尾智晴:Graph Structured Program Evolutionを用いた探索アルゴリズムの進化的構築,人工知能学会第2回進化計算フロンティア研究会(SIG-ECF)資料集,o3-2, pp. 152-163 (2009)
  47. 中山史朗,白川真一,矢田紀子,長尾智晴:Genetic Image Networkに基づくアンサンブル画像分類法,人工知能学会第2回進化計算フロンティア研究会(SIG-ECF)資料集,p1-1, pp. 21-26 (2009)
  48. 白川真一,長尾智晴:Graph Structured Program Evolutionによる動的な探索空間に対する探索アルゴリズムの獲得,情報処理学会研究報告 第75回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Vol. 2009-MPS-75, No. 13, pp. 1-7 (2009) [動画はこちらから]
  49. 石堂眞大,白川真一,長尾智晴:グラフ構造のプログラム自動生成手法のための子個体生成方法の提案,第8回情報科学技術フォーラム(FIT 2009),A-001 (2009)
  50. 白川真一,長尾智晴:グラフ構造プログラムの進化的自動生成~複雑なプログラムの自動生成を目指して~,第10回AI若手の集い(MYCOM 2009),pp. 21-24 (2009)
  51. 石堂眞大,白川真一,長尾智晴:グラフ構造のプログラム自動生成手法へのADFの導入,電子情報通信学会総合大会,D-8-8 (2009)
  52. 白川真一,長尾智晴:多目的クラスタリングに基づく画像領域分割とその解選択の検討,第36回知能システムシンポジウム,pp. 237-242 (2009)
  53. 中山史朗,白川真一,長尾智晴:弱識別器にGenetic Image Networkを用いた画像分類法,第36回知能システムシンポジウム,pp. 1-6 (2009)
  54. 白川真一,長尾智晴:Graph Structured Program Evolutionへの自動関数定義の導入とその評価,進化計算シンポジウム2008 講演論文集,pp. 162-166 (2008)
  55. 白川真一,長尾智晴:Graph Structured Program Evolutionによる探索アルゴリズムの進化,第18回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN 2008),D1-1, pp. 209-214 (2008)
  56. 白川真一,中山史朗,長尾智晴:Genetic Image Networkに基づく画像分類法の提案,情報処理学会研究報告 第71回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Vol. 2008, No. 85, 2008-MPS-71, pp. 9-12 (2008)
  57. 白川真一,長尾智晴:Graph Structured Program Evolutionを用いた自律エージェントの行動制御,電子情報通信学会総合大会,D-8-16 (2008)
  58. 矢田紀子,白川真一,長尾智晴,内川惠二:FFFCNを用いた色覚異常者のカテゴリカル色知覚モデル,電子情報通信学会総合大会,D-2-13 (2008)
  59. 中野雄太,白川真一,長尾智晴:特徴考慮型GINによる画像処理の自動構築,電子情報通信学会総合大会,D-11-29 (2008)
  60. 白川真一,長尾智晴:プログラムサイズを考慮した自動プログラミングのための進化アルゴリズムの提案,情報処理学会研究報告 第68回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Vol. 2008, No. 17, 2008-MPS-68, pp. 17-20 (2008)
  61. 矢田紀子,白川真一,長尾智晴,内川惠二:色覚異常者のカテゴリカル色知覚モデルの構築,情報処理学会研究報告 第68回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Vol. 2008, No. 17, 2008-MPS-68, pp. 13-16 (2008)
  62. 白川真一,長尾智晴:多目的クラスタリングに基づく進化的画像領域分割法,進化計算シンポジウム2007 講演論文集,pp. 59-62 (2007)
  63. 白川真一,長尾智晴:Graph Structured Program Evolutionによる複雑なプログラムの自動生成とその解析,情報処理学会研究報告 第66回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Vol. 2007, No. 86, 2007-MPS-66, pp. 21-24 (2007)
  64. 白川真一,長尾智晴:Genetic Image Network による複数出力画像変換の自動構築,電子情報通信学会総合大会,D-8-2 (2007)
  65. 白川真一,荻野慎太郎,長尾智晴:Genetic Image Networkによる画像変換の自動構築,情報処理学会研究報告 第63回 数理モデル化と問題解決(MPS)研究会,Vol. 2007, No. 19, 2007-MPS-63, pp. 93-96 (2007)
  66. 白川真一,長尾智晴:ネットワーク構造状画像変換の自動構築,第5回情報科学技術フォーラム(FIT 2006),F-016 (2006)
  67. 白川真一,長尾智晴:連続値空間上での進化型神経回路網による自律エージェントの行動制御,平成17年電気学会電子・情報・システム部門大会,GS15-6, pp. 1045-1049 (2005)
  68. 白川真一,長尾智晴:進化型ニューラルネットワークによる連続値環境下でのエージェントの行動制御,電子情報通信学会総合大会ISS特別企画学生ポスターセッション,D-SP-67 (2005)

Book Chapters

  1. 牧野貴樹,澁谷長史,白川真一(編):これからの強化学習,森北出版 (2016) [Amazon]
  2. 白川真一,原章,長尾智晴:進化的手法によるエージェントの行動プログラムの自動生成,電気学会 進化技術応用調査専門委員会編,進化技術ハンドブック 第II巻 応用編,23.5節,pp. 471-478,近代科学社 (2011) [Amazon]
  3. Shinichi Shirakawa, Shintaro Ogino, and Tomoharu Nagao: Automatic Construction of Programs Using Dynamic Ant Programming, Ant Colony Optimization - Methods and Applications, edited by Avi Ostfeld, chapter 6, pp. 75-88, IN-TECH (2011) [DOI]
  4. Shinichi Shirakawa and Tomoharu Nagao: Graph Structured Program Evolution: Evolution of Loop Structures, In Rick L. Riolo and Una-May O’Reilly and Trent McConaghy editors, Genetic Programming Theory and Practice VII, chapter 11, pp. 177-194, Springer (2009) [DOI]

その他

  1. 白川真一,小野智司,吉川大弘,大山聖:「進化計算シンポジウム2015」特集号の企画にあたって,進化計算学会論文誌,Vol. 7, No. 2, p. 12 (2016) [DOI]
  2. 白川真一:ある研究者の関連論文管理術(コーヒーブレイク),画像電子学会誌,Vol. 45, No. 1, pp. 32-33 (2016)
  3. 白川真一,渡邉真也,折登由希子,串田淳一,吉川大弘:「進化計算シンポジウム2014」特集号の企画にあたって,進化計算学会論文誌,Vol. 6, No. 2, pp. 53-54 (2015) [DOI]
  4. 牧野貴樹,澁谷長史,白川真一:強化学習の最近の発展(第17回)パネルディスカッション : 強化学習@2025 A. D. ―10年後の強化学習が目指すもの―,計測と制御,Vol. 52, No. 12, pp. 1136-1143 (2013)
  5. 白川真一:文献紹介:Liu, W., Wang, J., Ji, R., Jiang, Y. G., and Chang, S. F.: Supervised hashing with kernels(カーネルベースの教師付きバイナリハッシュ関数の学習),人工知能学会誌,Vol. 27, No. 6, pp. 715-718 (2012)